2016年3月16日水曜日














近所の葱畑。春だなぁとしみじみ感じた光景でした。畝からは菜屑が飛び出していたりしていたけれど、土の匂いまでも温かい。雲雀も空高く舞い上がっていました。初雲雀。小さくしか撮れませんー笑




「バスを待ち大路の春をうたがはず」 石田波郷
この句が一番、と言っていいくらい俳句の中で好きで、ここはバス停ではないけれどこの句がすーっと浮かんできました。もう間違いなく春の中に居るんだ、、、